同人活動情報

5号機を斬る 18

ホーム > 同人活動 > 5号機を斬る 18
5号機を斬る 18
5.5号機本格移行を前に
 この2016年は新検定制度を通過した機種、つまり「5.5号機」への移行が本格的に進む年とされており、2013年に検定を通過した人気機種の稼働が終わることもこの動きを後押ししています。
 ただ5.5号機としてのART機の人気はどうかと言うと決して芳しいというものでもないようで、ART を持たないノーマル機の方が人気を得始めているという逆転現象が顕著となっており、メーカーもノーマル機開発へ軸足をずらし始めているようです。
 そして近頃、ART機能の本格規制へと軸を移した「5.9号機」に向けての仕様策定が始まっており、引き続きスロット情勢は予断を許さぬ方向となっているようです。今回の冒頭の特集はこうした5.5号機の動きとノーマル機への回帰の動きが進んでいる現状を中心に取り上げました。
  1. 初出
    コミックマーケット90
  2. 構成
    A5 表紙フルカラー・本文モノクロ 54P(ページ数は表紙込み)
  3. 頒布価格
    500円
  4. 発行日